私が「All in One SEO」を使っている5つの理由

こんにちは、くりっちです。

サイト運営していくと、必ずアクセス向上という所に

ぶつかります。

どうやってアクセスを上げれるか?悩む方も多いと思います

今日はそのようなアクセス向上に役立つ

「All in One SEO」というWordPressプラグインをご紹介したいと思います。

サイト運営していく上で必ずぶつかる障壁

サイト運営をすると必ずぶつかることって何だと思いますか?

それは、

「継続して読者に読んでいただけるようなサイトを作っていくこと」

そのためには

アクセス流入が発生しやすいサイト作成・対策が必要になってきます。

次は、それらアクセス向上の対策を上げていきます。

アクセス向上の対策として

よくアクセス流入で使われる対策としては、

外部SEO

SNSでのリンク流入やキーワードなどで被リンクの発生を促し、

アクセス流入を促進させること

内部SEO

サイト高速化や高コンテンツを意識した、

サイトの質向上など読者に見やすいWebサイトを構築していくこと

などが、一般的です。

当サイトはサイト高速化や高コンテンツを意識した

サイトの質向上など、内部SEO対策を重点に置いております、

もちろん外部SEO対策も行っています。

でも以前はキーワードのみでも

アクセス向上を促す対策になりました、

でも最近では…

従来のキーワードだけの対策ではほとんど意味が無い

以前はキーワードだけの対策でもカバーできたのですが、

年々より質のある高コンテンツが多いWebサイトを高評価の対象にしており、

従来のキーワードだけでの方法では検索結果にも表示されないように

なっています。

特にキーワードと中身が異なる、スパム行為には厳しく対応しているので、

中身が薄い記事を量産して、キーワードのみ対策しても、はじかれる始末に。。。

現在は記事の質でアクセス向上・低下に繋がります。

最近話題のトレンドアフィリはスピード重視の戦場で

すぐにアクセス低下してしまいます。

トレンドアフィリをおすすめできない理由

こんにちは、くりっちです。 以前、トレンドアフィリで月収益○○万円稼ぎましたという話を SNSなどでちらほらと。。。 しか...

でも外部SEOと内部SEOの両方対策をしなければ、効果は期待できません。

アクセス向上に対する知識が無くても、

記事の質を向上させる取り組みと

「All in One SEO」を使えば

ある程度は対策として期待できます。

なぜ「All in One SEO」をおすすめする理由を説明します、

なぜ私が「All in One SEO」を使っている5つの理由

1、重複コンテンツを防ぐこと

サイト運営最大の脅威は重複コンテンツです、

重複コンテンツ生成できなくして、

google Botに悪影響が出るのを防ぎます。

Canonical URLチェックで重複コンテンツの対策ができます。

2、ホームタイトルをカスタマイズできること

タイトルを書き換える設定を有効させると、

検索結果で異なるタイトルを表示させることができます。

こちらは、検索結果に表示されるタイトル・ディスクリプションの欄です。

3、Google アナリティクス・サーチコンソールと連携できること

IDは個人情報+Googleの規約のためお教えできませんが、

アクセス分析する際、Googleアナリティクスやサーチコンソールなど

メタコードの認証すればGoogleなどで連携できま。

4、好きなようにnoindex・Followを設定できること

検索結果に表示したくない記事・固定ページなどを

表示できなくする設定です。

低コンテンツによるアクセス低下を防ぎます。

5、サイトマップを作成できること

私は別のサイトマッププラグインを使用していますが、

Googleなどに早く表示できるように

記事の場所(サイトマップ)を作成することができます。

早く検索結果に表示できる向上に繋がります。

アクセス向上は内部施行でカバーできる

アクセス向上はそんなに難しいものではありません

このことを意識すればアクセス向上していくはずです。

3つの○○の意識すること

読者に読みやすいサイトを作っていく意識すること

読者に早く表示できるように意識すること

こまめにチェックするように意識すること

これらを意識してサイト運営していけばアクセスアップ間違いなしです!

今回のチェックポイント

今回のチェックポイントとして、

チェックポイント

・外部SEO対策だけでは期待できない

・「All in One SEO」を使えば外部対策の知識が無くてもカバーできる

・同時にサイト・記事の質向上できるように努力すること

これらを意識してサイト運営に取り組んでいきましょう。

いかがでしたか?

ご覧頂きありがとうございました、次回もよろしくお願いします!

コメントなどございましたら、よろしくお願いいたします。

トップへ戻る